トップページエピソード・ガイド>オーディオ・ドラマ #1

Audio-1 "Lost Souls"

基本データ

脚本 監督 初回放送日 キャスト ゲスト
Joseph Lidster Kate McAll 2008/9/10 Captain Jack Harkness ... John Barrowman
Gwen Cooper ... Eve Myles
Ianto Jones ... Gareth David-Lloyd
Martha Jones ... Freema Agyeman
Professor Johnson ... Lucy Montgomery
Dr Harrington ... Stephen Critchlow
Leon Foiret ... Mark Meadows

ストーリー

UNITのマーサ・ジョーンズからCERNで起こっている奇妙な失踪事件の調査依頼を受けたチームはCERNのあるジュネーヴに向かう。

スイスからフランスまで延びる世界最大の加速器LHC(大型ハドロン衝突型加速器)の完成を前にCERNは世界の注目を浴びていた。LHCによって唯一未発見の素粒子であるヒッグス粒子が発見されると期待されていたが、高エネルギーの粒子を衝突させる実験では限りなくビッグバンに近い環境が作り出されるといわれ、理論上はマイクロブラックホールが生成される可能性も指摘されていた。

ジュネーヴでチームを迎えたマーサはトシコとオーウェンを亡くした三人がどうしているか気遣った。そのあと、マーサは友人でCERNの医師でもあるジュリアが失踪したことを説明する。CERNでは診断のつかない症状の病人が出ており、患者は検査のためフランスの病院に搬送されたことになっていた。しかしジュリアが病院に連絡をとったところ、11人の患者は入院していないことが明らかになる。ジュリアはマーサに相談したが、UNITでも異常を見つけることはできなかった。だがジュリアも失踪するに及んで、マーサはトーチウッドの協力を要請したのだった。

CERNではLHC稼動のセレモニーに向けて受付が設けられており、マーサはとっさにイアントとグウェンをウェールズの大使夫妻、ジャックをそのアシスタントと紹介した。4人は素粒子検知器のある地下の研究室を訪れ、実験チームのリーダーであるカトリーナ・ジョンソン博士とマーサの上司、UNITのオリヴァー・ハリントン医師に会う。ハリントン医師はさきごろ妻をなくしたばかりで、仕事に打ち込むことでそれを乗り越えようとしているとマーサはジャックらに説明した。

マーサは失踪した患者たちと同じ症状が出ているレオンという患者のもとにチームを連れて行く。レオンは加速装置のトンネルの技術者で、外傷はなにもないにもかかわらず昏睡状態に陥っていた。オーウェンが生前に改良していた深層スキャンを試すとレオンの皮膚が赤く輝き始め、不気味な声で何事か口走った。

失踪者たちの共通点を探すため、グウェンとイアントはコントロール・ルームのコンピュータから情報を引き出した。記録によると彼らはトンネル内で気分が悪くなり、医務室に収容されていた。マーサはレオンの体から中性子が失われ、崩壊しつつあることを突き止める。ジャックはかつて、中性子を奪う生命体のために住人が全滅したコロニーがあったことを思い出す。その生命体は人体の中性子を主食としていたのだった。マーサは地図に記載のない建物があるのを見つけ、そこを探るために地上に戻っていった。ジャックはLHCをシャットダウンさせようとジョンソン博士のもとに向かい、イアントとグウェンは生命体を探してトンネルに入っていった。

ジャックはジョンソン博士に身分を明かし、5月のテスト稼動の際に未知の生命体が入り込んだことが失踪者にかかわりがあると説明するが、博士は失踪者のことを知らなかった。一方、目的の建物でジュリアをはじめとする失踪者たちを発見したマーサの前に銃をもったハリントン医師が現れた。トンネルでグウェンと二手に分かれ行動していたイアントは、オーウェンやトシコ、リサの声が助けを求めるのを聴く。生命体がイアントに接触したことを知ったグウェンは自失状態のイアントを見つけ、死者の声には耳を傾けずにイアントを引きずるようにして出口に向かった。

ジャックの説得でジョンソン博士はロックダウンの決心をするが、そこにマーサを人質にとったハリントン医師が現れて実験の続行を命じる。彼はトンネルで死んだ妻の”亡霊”に出会い、彼女を助ければ死者がよみがえると信じ込んで生命体の手助けをしていたのだった。マーサがそれは犠牲者の中性子を奪うエイリアンで死んだ妻ではないと説明してもハリントンは信じず、トンネルの妻のもとへと向かう。

陽子ビームを反陽子ビームに置き換えることで前の実験の副作用を無効にできると考えたジャックは、ジョンソン博士とともに反陽子ビーム施設に向かった。ハリントンはトンネルの閉鎖手順を起動し、生命体から逃れてきたイアントとグウェンを助けたが、マーサの制止を振り切ってトンネルに戻っていく。マーサはハリントンがトンネル内に残っているとジャックに告げるが、トンネルはすでに閉鎖され、LHCが起動していた。反陽子ビームが注入され、ハリントンと生命体は消滅する。そして昏睡状態だった患者たちも回復し始めた。マーサに別れをつげた3人はカーディフへと帰っていく。

次のエピソード>