トップページエピソード・ガイド>ドクター・フー シーズン3-12

ドクターフー 3-12 "The Sound of Drums"

基本データ

脚本 監督 初回放送日 キャスト ゲスト
Russell T Davies Colin Teague 2007/6/23 Tenth Doctor ... David Tennant
Martha Jones ... Freema Agyeman
Captain Jack Harkness ... John Barrowman
The Master ... John Simm
Francine Jones ... Adjoa Andoh
Clive Jones ... Trevor Laird
Tish Jones ... Gugu Mbatha-Raw
Leo Jones ... Reggie Yates
Lucy Saxon ... Alexandra Moen
Sinister Woman ... Elize du Toit
Vivien Rook ... Nichola McAuliffe
Albert Dumfries ... Nicholas Gecks
President ... Colin Stinton
BBC Newsreader ... Olivia Hill
Chinese Newsreader ... Daniel Ming
US Newsreader ... Lachele Carl
Herself ... Sharon Osbourne
Themselves ... McFly
Herself ... Ann Widdecombe
Sphere voices ... Zoe Thorne, Gerard Logan, Johnnie Lyne-Pirkis

ストーリー

ドクターとマーサ、ジャックの三人は、ドクターが直したジャックのボルテックス・マニピュレーターでフューチャーカインドの手を逃れ、現代のロンドンに戻ってくる。彼らはマスターがハロルド・サクソンと名乗って英国首相になっていることを知る。マスターは「アークエンジェル」という電話ネットワークを利用してサブリミナル・メッセージを発信し、人々を操って自分に投票させたのだった。

3人はマーサのアパートに落ち着くが、それを予想していたマスターは部屋に爆弾を仕掛けていた。爆発に巻き込まれることはかろうじて免れたものの、マスターはマーサの家族を逮捕し、トーチウッドのメンバーをヒマラヤに追い払って3人を孤立無援の状態にする。ドクターに連絡してきたマスターは、自分がタイム・ウォーを戦う完璧な戦士としてタイムロードによって再生されたことを明かす。しかし敗戦が避けられないとわかったとき、彼は宇宙の終わりまで逃亡して人間になりすましたのだった。

指名手配された3人は廃墟となったビルに隠れる。人に気づかれずに行動するため、ドクターはターディスのキーを使ってパーセプション(不可視)フィルターをつくる。その合間に彼は他の二人にマスターの過去について語った。タイムロードの子供はイニシエーションの儀式としてタイムボルテックスを覗き込むことを課せられる。マスターはそのときに正気を失ったのだ。

マスターは「トクラファーン」という地球外生命からコンタクトがあり、翌日には彼らが地球にやってくると発表する。だが「トクラファーン」とはガリフレイの子供たちに知られる架空の生き物で、地球でいうブギーマンのようなものだった。不審を抱いたドクターはこのファースト・コンタクトの場に立ち会わなくてはならないと考える。

地球外生命体とのファースト・コンタクトを英国首相が仕切っていることを不服に思ったアメリカ大統領・ウィンタースが来訪し、UNITの宇宙空母「ヴァリアント」を会見場所とするよう要請する。マスターはそれを受け入れ、妻のルーシーやマーサの家族を連れて空母に乗り込んだ。ドクターら3人もジャックのボルテックス・マニピュレーターを使って空母にテレポートする。そこで彼らはマスターが奪ったターディスがパラドックス・マシーンに改造され、ファースト・コンタクトの時刻にあわせて起動させられることになっているのを見つける。

ドクターはパーセプション・フィルターをマスターの周囲に張り巡らして彼の本性を白日のもとにさらし、彼の計画を阻止するつもりだった。彼らがブリッジに入ってくるのと同時に最初のトクラファーン−浮遊する金属製の球体−が現れる。彼らはウィンタースと交渉するのを拒み、マスターと話したいと要求した。マスターは喜んで交渉を引継ぎ、まず最初にウィンタースを殺すようトクラファーンに命じる。次にマスターはドクターたちがいることはわかっていたと告げ、レイザー・スクリュードライバーでジャックを殺し、ドクターを老化させる。彼はターディスとともに奪ったドクターの手から生体情報を入手し、ラザルス研究所の遺伝子マニピュレーター(*)を使って若返りではなく老化を促進させたのだった。蘇生したジャックはマーサにボルテックス・マニピュレーターを渡し、ヴァリアントから地球へ逃れるように言う。

ドクターが人類に「世界の終わり」を宣言し、パラドックス・マシーンが起動すると、ヴァリアントの上空に巨大な裂け目ができてそこから60億のトクラファーンが現れた。マスターはトクラファーンたちに人類の10分の1を抹殺せよと命じる。マーサが年老いたドクターをいたわると、ドクターは彼女の耳になにごとかささやいた。ドクターやジャック、そして自分の家族を助けることができないまま、マーサは安全な隠れ家を求めて地上へテレポートする。

(*) 同シーズンの"The Lazarus Experiment" で、ラザルス教授はハロルド・サクソンの資金援助を受けて遺伝子マニピュレーターを開発する。彼はその装置の機能で若返るが、遺伝子の変化をそこで止めることができずモンスター化した。

<前のエピソード次のエピソード>