トップページコンベンション報告>HUB3

基本情報

HUB3 logo
会期 2009年10月23日(金)〜25日(日)
会場 ヒルトン・メトロポール・バーミンガム
ゲスト Gareth David Lloyd "Ianto Jones"
Kai Owen "Rhys Williams"
Lara Phillipart "Jasmine" (Season 1 - episode 5)
Daniela Denby-Ashe "Mary" (Season 1 - episode 7)
Nikki Amuka-Bird "Beth" (Season 2 - episode 2)
Liz May Brice "Agent Johnson" ("Children of Earth")
Paul Copley "Clement McDonald" ("Children of Earth")
Katy Wix "Rhiannon" ("Children of Earth")
Nicholas Farrell "Brian Green" ("Children of Earth")
Rik Makarem "Dr. Rupesh Patanjali" ("Children of Earth")
Ben Loyd-Holmes "The Operative" ("Children of Earth")

当初予定されていたJohn Barrowmanはスケジュールの都合でキャンセル、James Marstersは直前に怪我をしたためにキャンセルになりましたが、飛び入りのゲストとして24日夜と25日にKai Owenが参加しました。

コンベンションの構成

コンベンションは以下の4つから構成されていました。これはあくまでTHE HUB3の内容で、他のコンベンションではまた別の形態で運営されているかもしれませんのでご了承ください。

ゲストのサイン会
参加者全員にゲストのサインをもらう機会があります。追加のサインをほしい場合は別料金になります。また、会費でカバーされないSponsored Guestの場合も別料金が必要です。今回のコンベンションではJames MarstersがSponsored Guestとして発表されていました。また、飛び入りのKai OwenもSponsored Guestの扱いになっていました。料金は£10/ゲストでしたが、ゲストによってはもっと高くなることもあるそうです。

サインは自分で持ち込んだものにしてもらうこともできますが、レジストレーションの際にゲストの写真一式を渡されるので持参しなくても困らないようになっていました。
ゲストとの撮影会
ゲストと一緒の写真をプロのカメラマンが撮影します。STANDARDの参加者は別料金、GOLD、SILVERは一回の撮影が会費に含まれていますが、二回以上の撮影をする場合は別料金になります。Sponsered Guestもサインと同じく別料金になります。料金は£10/ゲストでしたが、これもゲストによって変動があるようです。また、GOLDの参加者はゲスト全員と一緒の写真の撮影が会費に含まれています。

撮影はゲストと二人で撮影してもらうのが基本ですが、数人でゲストを囲んで撮影することも認められていました。この場合は同じ写真を焼き増してもらうことになります。写真はその日の午後にはできあがり、並べてある中から各自ピックアップします。デジタルカメラ以前の時代には郵送していたそうです。
ゲスト・トーク
単独ゲストのセッションと、複数のゲストのセッションがあります。いずれも45分間。Lara Phillipartは未成年ということを配慮してかトークセッションには参加していません。
24日:3セッション(GDL単独、Nicholas Farrell、Katy Wix、Ben Loyd-Holmesの3人、Nikki Amuka-Bird、Rik makaremを加えた全員)
25日:4セッション(Kai単独、GDLとDaniela Denby-Asheの2人、Paul Copely 、Liz May Brice、Ben Loyd-Holmesの3人、Daniela以外のゲスト5人)

基本的にはQ&Aで構成されており、あらかじめWebで受け付けてあったファンからの質問を司会者が読み上げるという形式になっています。時間に余裕があったときだけ会場からの質問を受けました。
"Intimate Encounter"
ゲストを囲んでお茶を飲みながらおしゃべりするという企画で、1回12名限定。2名は抽選で決まり、残りの10名の枠はオークションにかけられます。今回はGarethが各日2回の計4回、Kaiが2回、ほかのゲストは1回ずつでした。落札額はゲストによってまちまちで、一番高額のGarethは£50〜£100だったようです。

ほかにディーラーズ・ルームで物販、24日のトークセッションのあとはゲストのサイン入りグッズ等のオークションがありました。夜は8時半からパーティが開かれ、参加者にゲストも混じって楽しんでいました。

スケジュール

23日はレジストレーション・デスクが14時にオープンし、19時からオープニング・セレモニー。19時半〜20時半までGOLD参加者のためのゲストとのレセプション・パーティが予定されていましたが、23日に現地入りしたゲストがいなかったため翌日に延期されました。

24日、25日のスケジュールは以下のとおり(数字はグループ番号)。James Marstersのキャンセルは直前だったため配布されたスケジュールには残ったままでした。25日のJamesのTALKセッションはKai Owenが代理をつとめています。

HUB3 Saturday Schedule

HUB3 Sunday Schedule

進行

参加者のバッジ

参加者はレジストレーションの際にチケットの種類(GOLD、SILVER、STANDARD)ごとに申し込み順で30人のグループに分けられ、申し込み番号とグループ番号のついたバッジを渡されます。サイン会や撮影会はグループごとに時間を割り振られており、GLOD、SILVERのグループはサイン会や撮影会がゲスト・トークと重ならないように優先的にスケジュールが組まれていました。ちなみに参加者は700名程度でグループは24までありました。

撮影とサインについてはどのグループが呼ばれたかチェックしたシートがあり、自分のグループがコールされていた場合はすぐに入れてもらえます。

ゲスト・トークの会場へはGOLD、SILVER、STANDARDの順に10人ずつ入場します。GOLD150名分の席はあらかじめ確保されていました。また、最初に入場したときに座った席はなにか置いておけばその後のセッションでもキープできるようになっていました。

"Intimate Encounter"は参加しなかったので詳細わかりません m(_ _)m 次回もエントリーすることがあればレポートのため1セッションくらい参加しようかと思います。

サイン会場、撮影会場でゲストの写真を撮影することは禁じられています。トーク会場では、最初の2,3分はフラッシュ撮影が認められ、それ以降はノーフラッシュの撮影だけが許されていました。会場の外でゲストに会った場合の撮影は遠慮してほしいというガイドが出されていました。

会場やゲストの様子はこちらのギャラリーをご覧ください。